神奈川県小田原市城内8−10
 JR東海道線「小田原駅」より徒歩15分



 明治二十七年四月、二宮尊徳翁の教えを慕う
六か国(伊勢、三河、遠江、駿河、甲斐、相模)の
報徳社の総意により、翁を御祭神として生誕地で
ある小田原の小田原城二の丸小峰曲輪の一角に
神社が創建されました。明治四十二年、本殿、
弊殿を新築。拝殿を改築し、神苑を拡張し現在の
社地の景観を整えました。

 なお、拝殿礎石は天保の大飢饉の際、
藩主大久保公の命により尊徳翁が小田原城内の
米蔵を開き、米が人々の手にわたったことにより、
小田原十一万石の領内から一人も餓死者を
出さずにすんだという、その米蔵の礎石が
用いられています。


ことほぎ
本格神前結婚式
新郎新婦衣裳 各1点
新婦美粧(着付&メイク)
新郎お支度
お控室
記念写真(6切1ポーズ1枚)
タッチアップ
税金
介添料




Copyright © 2011 Ichikawa  All Rights Reserved.