神奈川県平塚市夕陽ヶ丘60−27
 JR東海道線「平塚駅」より徒歩10分



 古文書に平安時代(794年)当地は「須賀の
から浜」と呼ばれ、「薬師・三島明神の本地仏なり・
長一尺五寸・弘法の作と伝」と記されていること
から、その頃から人々の信仰を集めていたと
思われます。

 戦国時代の永禄九年には小田原北条氏手厚い
保護のもと、魚類・船運業の集散地として栄え、
江戸時代には海運業・商業の要としてこの地は
急速に発展し、漁業・商業を営む人々により
一層の厚い崇敬の念を集めました。

 江戸時代の半ばに、「須賀千軒」といわれるほど
民家が増え、相模國の海運・海路の玄関口として
大いに栄えました。そして、各地で山岳信仰が
盛んになるにつれ、伊豆や房総半島から船旅の
人々が須賀港に着くと当神社に参詣し、道中の
守護を祈願する習わしがありました。

 現在も漁業や商業・諸産業に携わる方々を
はじめ、商売繁盛・家庭円満をもたらす“開運”の
お宮として多くの人々から崇敬されご参拝に
なられます。


神社挙式プラン・・・170,000円(税抜き)

レンタル衣裳
  ・ご新郎様:紋付、袴
  ・ご新婦様:白無垢、色打掛のいずれか1点

ヘアメイク
着付け
綿帽子or角隠し
かつら、かんざし
介添え




Copyright © 2011 Ichikawa  All Rights Reserved.